Chinese minority


貴州省 ミャオ族のエプロン。


藍の布に、金属のパーツのような
小さな、小さな細工がびっしりと張り巡らされた 美しい一枚。




どのような付け方をしているのか、
一見 見る限りでは想像がつかない。

そして、手に取ると、ずっしりと重い。




上海、ミャオ族が営む露店で、
この小さな布を見つけた時、ある人の顔が浮かんでいた。
こういうマイノリティな仕事をしていると、
ほぼ、そのような感じなのですが
モノの顔と、人の顔が 繋がる瞬間があるのです。


ピン、とくる感じ。

「ああ、あの人すきだろうなあ・・
あの人に見せると なんて言うだろう・・」ってな具合に。




そうして、このエプロンも
見事 その方の元へ・・!


マイノリティ同士の なんだか目に見えないシンパシーがあり、
「この難解さは、ワタクシが処理させていただきます」的な
取り交わしが行われ、
めでたく ピンと直感が働いた方の元へ嫁いでくれました。



この仕事をやっていて、こういう瞬間が なによりの嬉しい瞬間。

「アノ子とコノ子が家にはいて、
アノ子の上には、 もう下手なモノは持って来れないですね。
普通の子だと負けてしまって、ダメなんですよね。」
(アノ子はモン族の古裂。コノ子はビルマの蒟醤。)


などと訳の分からない会話を、交わしながら
「それなら この人ですよ! 同じパワーで一緒に飾れるのでは?」
と、奥深い提案ができる喜び。
通じ合える喜び。



それから、
彼は いつも 私の目の前に、まだ見ぬ世界のドアを置いて帰る。
その奥に どんな面白い世界が広がっているのかを
まるで予告編のように チラッと語り、
それを開くキッカケを与えてくれるのです。



「足元を知っておくと、もっと理解できるようになって面白いと思うよ。」
今回も 素敵な言葉を置いて帰ってくれました。






かんざしたちも あっという間に新しい主の元へ・・・

いつも 別れはさみしいですが、
また 次の旅が 私をいざなってくれます・・。







 

コメント
はじめまして、こんにちは!
中国のミャオ族の刺繍や小物に興味を持ち、色々なサイトを調べていてこちらにたどり着きました。とっても細かくてうっとりしますね!
上海の露店の場所を是非教えていただきたいのですが、可能でしょうか?現在上海に住んでおり、色々探しては訪ねているのですが、なかなか思ったものに出会えずにいます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
  • nisshi
  • 2014/05/11 2:50 AM
nisshiさま
私がミャオ族の古布や道具を見に行くのは、
東台路骨董市場です。
もう数年で取壊されるらしく、趣き在る古い街並が無くなるのは、
とても残念です。
是非、行ってみてくださいね。
  • naomi
  • 2014/05/14 8:40 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

shop:

ウェブサイト掲載商品は、 下記アドレスに展示しております。 ご遠方よりご来店の方、商品をご覧になりたい方は、 naomi@kataoka-product.jp まで お気軽にお問い合わせください。 香川県高松市国分寺町新名66−1 UTSUMIoriental内 2F西側

selected entries

categories

archives

recent comment

mobile

qrcode